自分のパート(楽器)を決める | バンド初心者講座~AVIS-NET~

自分のパートを決める(楽器をはじめる)

まずは、ここからです。 バンドをやるのに、「何の楽器も出来ない」じゃあ話になりません。
自分のやりたいパートを決める事からはじめます。

ロックバンドでは主に、ギター、ベース、ドラム、キーボードなどでしょう。
ボーカルをやりたい人も、『ボーカルだから楽器はいらないし…』とか言わずに、
人並み程度にギターくらいは弾けるようにしておいた方がいいです。

で、それぞれのパートの特徴ですが…

ボーカル

バンドの中心的存在。
ボーカルの良し悪しでバンドの運命が決まるといっても過言では無いです。
容姿やカリスマ性といった見た目の部分も勿論の事、歌もそれなりに歌えなければいけません。
カラオケで上手く歌えても、バンドと合わすとなると話は別です。
他のパートに比べて、生まれ持っての才能が左右する部分が大きいパートです。

『どうやって練習すれば?』と言う疑問も多いと思います。
ボイストレーニングや歌のレッスンに通うのも上達の手段だと思います。
ギターボーカルの場合は、ギターの練習も必要になります。

ギター

一番始めやすい。
楽器を買うときも、初心者用の安価な入門セットなども多く出ているので購入しやすい。
自宅でも練習できるし、アンプを使わなければ深夜でも練習できるので、初心者には超おすすめ!
しかしその反面、ギターリストの人口は非常に多いため、競争率が高い!
メンバー探しに困ることも多いかも???

ベース

バンドを陰から支える縁の下の力持ち的なパート。
ギターから転向する少なくない。

ギターと同じく自宅で練習出来るので、初心者でも安心♪
あまり上手くなくても下手が目立たない(?)と言うメリットもある(笑)。
逆に言うと、上手いベースはホントにカッコいい!
実際、インディーズなどでは上手い人も少なめだと思うので、今がチャンス!? 弾きかたとしては主に、ピック弾き、指弾き、チョッパー等がある。
やっぱりピック弾きが一般的?


ドラム

バンドの中心。
演奏面ではボス的存在。が、その存在感ゆえにドラムが下手だとホントにみっともない。
練習も普通の家ではフルセットを組んで練習するようなことは出来ないので、パット&スティックで基本練習くらいしかできない。
が、そういう現状なので、少しやる気を出して練習すれば、他のドラマーを簡単に出し抜ける!
自分は現役時代ドラムでした。自分はヤマハのエレドラ(13万くらい)を購入し、クリックに合わせて基本練習やリズムをずっと叩いてました。
それだけでもすごく上手になったので、ドラムを練習する人はエレドラを買うことをお勧めします。

それと、ドラマー人口は非常に少ないので、ある程度叩けるようになるとメンバーに困る事は、まず無くなるといってもいいでしょう。
実力をつければ、一番重宝されるパートです。


キーボード

キーボードが入ったバンドって結構少ないです。
ピアノとか、エレクトーンとかをやってた人が始めることが多いと思うから、
あんまり練習のアドバイスとかは必要ないかな?
ボリューム絞れば自宅でも簡単に出来るしね♪
ライヴのセッティングに時間がかかるのが欠点?



ざっとですがこんな感じです。
自分に良く合ったパートを選ぶことが大切です。
そして、選んだからには、しっかりと練習しましょう。

個人練習の方法については、ここでは触れませんが、スクールに通うとか教則ビデオを買うとか、
そういうことではなくて、一番大切なのは『上手くなりたい』と思う気持ちです。

出来るだけたくさん練習しましょう。
練習というと聞こえが悪いけど、好きなバンドのコピーをしたり、好きなように楽器で遊んでればいいです。
そのうちに自分のスタイルが出来上がるはずです。

それも苦痛だという人は、音楽には向いてないですね。